この記事の続き10/10

洗面室の記事

ふぇざさん

記事数 33 参考になった 6

洗面室全 10 話

1年0ヶ月使用中
洗面室の代表写真
洗面室にあるアイテム
  • 床材

第 10 話

イエナカスタッフさんによるレポート

REPORT

last update : 2017.7.24 レビュー
第 10 話

コンパクトな洗面所を広く見せる工夫

リノベーションで大幅な間取り変更を行った ふぇざさん。

隠れ家カフェ風にしたくて玄関に曲がり道を設け、LDKを広く確保しました。結果、洗面所はコンパクトで少し変わったレイアウトに。

しかし限られた空間を、広く見せるための工夫が施されています。

  • 拡大
ちょっと変わったカタチの洗面所
ちょっと変わったカタチの洗面所

ふぇざさんは、リノベーションの際に使う素材と色について決まりを設けたそうです。

「素材としては、コンクリートと無垢素材。色は、ブルー、グレー、ブラック、シルバーの4色を使うと決めました」(ふぇざさん)
しかし、洗面室にはその決まりを適用せず、ホワイトを基調にコーディネート。
玄関~LDKとは全く違う雰囲気です。

  • 拡大
リビングからダイニングを見る
リビングからダイニングを見る

LDKは洗面所とは全く違う雰囲気。

  • 拡大
リノベーション後の間取り図
リノベーション後の間取り図

その理由は、洗面スペースの形状です。

広さ自体はリノベーション前よりも広くなっていますが、L字型になっているため洗面室の扉を開けたときに視界に入るスペースはコンパクトに。
そして玄関の曲がり道の裏側に位置しているため、一部壁が斜めになっています。

少しでも広く、開放感を持たせるため膨張色である白を基調にしました。
「洗面室なので清潔感を出したかったというのもあります」とふぇざさん。

広く見せるための工夫は他にもあります。
斜めになった壁には、三角の棚を設置。奥行き感を演出しています。

また、造作洗面台はオンボードタイプでカウンターの上に洗面ボウルを載せただけのシンプルなもの。
カウンター下は空いているため抜け感があります。

華奢なフレームが軽やかな印象のミラーは、サンワカンパニーのフィーネ ミラー(W600)。
奥行きはわずか100mmと薄く、スペースを取らないのがポイントです。

  • 拡大
洗面所の扉上部には大きなガラスをはめ込みました。
洗面所の扉上部には大きなガラスをはめ込みました。

また、洗面室の扉のガラスも圧迫感を軽減する要素の一つ。

洗面横に設けた収納は扉をつけずオープン棚に。奥行を感じさせる工夫です。

右側にある扉はトイレスペースの扉。
ホワイトに塗装して、洗面所の壁面に馴染ませました。

ふぇざさんの洗面所には、コンパクトなスペースを広く見せるための工夫がたくさん詰まっています。

洗面室の記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け