この記事の続き1/4

リビングの記事

グリーンさん

記事数 35 参考になった 3

リビング全 4 話

6年3ヶ月使用中
リビングの代表写真
リビングにあるアイテム
  • シーリングファン
  • 床材
  • 扉・戸
  • 扉・戸
  • その他
  • 窓
  • 床材
  • 時計
  • その他
購入・施工先
ウィル空間デザイン
分野:
リフォーム リノベーション
住所:
宝塚市逆瀬川1-14-6
»地図を見る
電話:
0797-72-3450
URL:
https://www.wills.co.jp/refor...
お問い合わせ

第 1 話

ウィル空間デザインさんによるレポート

REPORT

last update : 2016.2.28 リフォーム
第 1 話

ロートアイアンのパーテーションでメリハリをつけたワンルーム

LDK+和室だった間取りを、思い切ってワンルームにリノベーション。

ワンルーム、というと狭い空間をイメージしがちですが、グリーンさんの住まいはとてもゆったりとした、贅沢な空間です。

ただ、のっぺりと広い部屋になってしまわないように、「食事を摂るスペース」と「寝るスペース」をロートアイアンのパーテーションでゆるく区切り、メリハリをつけています。

  • 拡大
南面からの光がLDKに降り注ぐ。
南面からの光がLDKに降り注ぐ。

約5.6mの間口があるリビング。こうしてみると、ほぼ正方形のLDKに見えますが…。

  • 拡大
リビングにベッドスペースが隣接している。
リビングにベッドスペースが隣接している。

少し移動して、バルコニー側から全体を見ると、左側にスペースが続いています。グリーンさんは、この左奥の空間をベッドスペースとして使う予定です。

ひとつの空間に「食事をする場所」と「寝る場所」がまとまっていて、一部屋で生活できるのが魅力のワンルーム。ただ、2つのスペースがそのまま繋がっているだけでは、メリハリのない空間になってしまいます。

そこでグリーンさんは一工夫。

  • 拡大
リビングドア付近から。
リビングドア付近から。

LDKとの間に2カ所、廊下からリビングに入ったところに1カ所、袖壁をパーテーションとして設置し、スペースをゆるく区切っています。

  • 拡大
Before図面
Before図面

元は、LDKと和室だったスペースを…。

  • 拡大
After図面
After図面

このようにゆったりとしたワンルームに。図面で見るとささやかですが、3ヶ所に設けた袖壁が効いています。

  • 拡大
天井の高さを変え、スペースを区切る
天井の高さを変え、スペースを区切る

またベッドスペース部分の天井を、LDKより低くしたこともポイントです。

この天井高の違いが寝室の籠もり感と、リビングの開放感の差を生み出しています。

  • 拡大
サンワカンパニーのグリル45-90
サンワカンパニーのグリル45-90

袖壁には床から1000mmの高さにロートアイアンをはめ込みました。このロートアイアンはサンワカンパニーのグリル(45-90、15-90)。元は黒色ですが、部屋のイメージに合わせて白くペイント。

  • 拡大
ロートアイアンが光と風を通す
ロートアイアンが光と風を通す

このロートアイアンは、広いワンルームにメリハリをつける重要なアイテム。
合わせて適度に空間を区切り、適度に繋げる役目を果たしています。

購入・施工先
分野:
リフォーム リノベーション
住所:
宝塚市逆瀬川1-14-6
»地図を見る
電話:
0797-72-3450
URL:
https://www.wills.co.jp/refor...
お問い合わせ
2015年 9月 1日

リビングの記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け