この記事の続き6/6

玄関の記事

こねこねこさん

記事数 7 参考になった 2

玄関全 6 話

1年8ヶ月使用中
玄関の代表写真
購入・施工先
ウィル空間デザイン
分野:
リフォーム リノベーション
住所:
宝塚市逆瀬川1-14-6
»地図を見る
電話:
0797-72-3450
URL:
https://www.wills.co.jp/refor...
お問い合わせ

第 6 話

ウィル空間デザインさんによるレポート

REPORT

PICKUP

last update : 2018.6.14 リフォーム
第 6 話

大きな『室内窓』で、四方を建物に囲まれた都市型住宅に採光と広がりを生み出す。

都市部では四方を建物に囲まれた住宅も珍しくありません。
しかし、工夫次第で採光を確保したり、空間をより広く見せることができます。

今回は、床から天井までの大きな室内窓を玄関に取り付けた事例をご紹介します。
窓がなくやや暗い印象だった玄関が明るく、広がりを感じる空間になりました。取り付けた位置がポイントです。

  • 拡大
Beforeの玄関。窓がなく電気を付けないと暗い
Beforeの玄関。窓がなく電気を付けないと暗い

神戸の都市部にある、こねこねこさん邸の敷地の形状は、いわゆる旗竿型。長い通路の奥に建物が立っていて、敷地の東と北には少し空間がありますが、南西はマンションと一戸建てに囲まれています。

南側にある玄関には窓がなく、リフォーム前はやや暗い印象でした。

  • 拡大
Before→After
Before→After

リフォームにあたり、玄関に飛び出していたキッチンスペースの一部を解体し、玄関スペースを広く確保。
合わせてそこ室内窓を取り付けました。

  • 拡大
リフォーム後の玄関。
リフォーム後の玄関。

キッチンスペースからの光が玄関にまで届くようになり、以前よりも明るく、広く感じます。

  • 拡大
床から天井まで目一杯高さを取った室内窓
床から天井まで目一杯高さを取った室内窓

広さを感じる理由の一つは、室内窓の大きさ。
床から天井までの高さにしたことで、玄関とキッチンスペースの床・天井が一続きになっているように見え、奥行きを感じることができます。

  • 拡大
勝手口にはガラス入りの扉がついています。
勝手口にはガラス入りの扉がついています。

もう一つは室内窓の位置。
室内窓の向こう側はキッチンと背面カウンターのちょうど間。勝手口までまっすぐ、遮るものがありません。
家の端から端まで、室内窓越しに見通せるような配置です。

  • 拡大
勝手口からの光が玄関に。玄関の光もキッチンスペースへ届きます
勝手口からの光が玄関に。玄関の光もキッチンスペースへ届きます

また、勝手口の扉は大きなガラス入り。
北側の開けた空間から差し込む光が、窓のない玄関にまでしっかりと届きます。

  • 拡大
玄関がよく見えるキッチンスペース
玄関がよく見えるキッチンスペース

キッチンスペース側からは玄関扉が。
誰が帰って来たのかすぐにわかって「おかえり!」と声を掛けることができますね。

  • 拡大
室内窓の展開図
室内窓の展開図

ガラスは少し模様の入ったものをセレクト。
中がクリアに見えすぎるのはちょっと…という こねこねこさんのご希望でした。

3枚のうち中央の1枚だけを90度回転させて配置。模様が不自然に見えないように配慮しました。

  • 拡大
ガラスはゆらいだような模様入り。
ガラスはゆらいだような模様入り。

クリスマスの時期には、この室内窓の前(椅子がある場所)にクリスマスツリーを飾ったのだとか。
少しくぼんだ位置で邪魔にならず、玄関からもリビングからも見ることができる良い場所です。

「ゆらいだガラス越しに見えるイルミネーションがとてもきれいでした」とこねこねこさん。

  • 拡大
端から端まで見通せる玄関
端から端まで見通せる玄関

玄関から勝手口を見通すことができる こねこねこさんの玄関。
室内窓をつける位置や大きさ、光の入ってくる方向を考慮しプランニングすることで、周りを建物に囲まれている都市型住宅でも、明るくて広がりある空間を実現できました。

【工事費用(概算)】
壁の解体、窓枠を設置・塗装、ガラス設置で約20万円。
(クロスの補修費用などは含みません。)

購入・施工先
分野:
リフォーム リノベーション
住所:
宝塚市逆瀬川1-14-6
»地図を見る
電話:
0797-72-3450
URL:
https://www.wills.co.jp/refor...
お問い合わせ

玄関の記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け