洗面室の記事

frame727さん

記事数 21 参考になった 5

洗面室全 1 話

15年3ヶ月使用中
洗面室の代表写真
洗面室にあるアイテム
  • ブラケットライト

全 1 話

イエナカスタッフさんによるレポート

REPORT

last update : 2017.9.4 レビュー

限られたスペースで洗面所を広くする技ありレイアウト

浴室とトイレの間に挟まれたframe727さんの洗面所。
リフォーム前の広さに不満はあったものの、子ども部屋やベッドルームの広さを確保しようと思うと、これ以上幅を広げることはできない…。

それならばと、限られたスペースを有効活用するレイアウトにリフォームしました。

  • 拡大
リフォーム前の洗面所
リフォーム前の洗面所

リフォーム前の間取りがこちら。

広さは1m×1.2mほど。
狭さは感じていたものの、向かって右側の浴室は以前にリフォーム済みで、今回はリフォームの予定なし。
左側のトイレはリフォーム予定でしたが、これ以上左へ動かすと子ども部屋やベッドルームの広さが狭くなってしまう…。

  • 拡大
リフォーム後の図面
リフォーム後の図面

frame727さんは幅はそのままに、奥行きを広げることにしました。
入口を手前に移動させた分、浴室との間にできたスペースには、物入れを設置。

洗濯パンは横向きに設置して、ギリギリの位置までカウンターを伸ばしています。

  • 拡大
幅1mながらすっきりとして見える洗面スペース。
幅1mながらすっきりとして見える洗面スペース。

奥行きは約2mに。
幅はリフォーム前と同じ約1m。

そのポイントは、奥まで視線を遮るものがないこと。

カウンターの幅は46cm。
コンパクトな洗面ボウルがぴったりと収まる幅で、その下はオープン収納に。
扉がないため圧迫感がありません。

  • 拡大
タオル収納ボックスとミラーは造作したもの。
タオル収納ボックスとミラーは造作したもの。

タオルの収納ボックスは、frame727さんがネットで見つけた写真を見せて、「こんな感じで作ってください」とお願いしたものだそう。
最小限の出っ張りに抑えた収納ボックスと造付け鏡が、バランスよく並んでいます。

その下にはframe727さんの好きなネイビー色のタイルを。

壁の下半分に濃い色を配置し、目線を下にもっていったのは、空間を広く見せる工夫のひとつ。
目地は白。清潔感があります。

  • 拡大
ブラケットライトとネイビーのタイルで天井を広く。
ブラケットライトとネイビーのタイルで天井を広く。

また、ブラケットライトの笠が天井に陰影を生み出し、奥行きを感じさせます。

  • 拡大
洗面スペース(入口を望む)
洗面スペース(入口を望む)

入る前の印象も大切。

入口付近のカウンターを斜めにカットし、圧迫感を抑える工夫をしました。
誤ってぶつかってしまわないようにも配慮しています。

  • 拡大
なるべく物を置かないのもポイント
なるべく物を置かないのもポイント

「ものを置かずにシンプルにしていると、思っていたより広く感じます」と、frame727さん。

そう、カウンターの上にほとんど物を置いていない、というのも広く見える要因のひとつ。
限られたスペースを、広く見せる工夫が詰まった洗面スペースです。

2002年 9月 1日

洗面室の記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け