この記事の続き5/6

ロフトの記事

のりすけさん

記事数 65 参考になった 30

ロフト全 6 話

ロフトの代表写真
購入・施工先
ウィル空間デザイン
分野:
リフォーム リノベーション
住所:
宝塚市逆瀬川1-14-6
»地図を見る
電話:
0797-72-3450
URL:
http://www.wills.co.jp/reform/
お問い合わせ

第 5 話

イエナカスタッフさんによるレポート

REPORT

last update : 2015.10.10 リフォーム
第 5 話

発見した天井裏の空間をロフトに

のりすけさんのロフトについてのレポートです。

のりすけさんのマンションは最上階。リフォームをする前に、天井裏に隠れていた空間を発見したそうです。浴室だったこの場所を、下部はシューズクローク、上部はロフトにすることに。それほど広さはありませんが、マンションでは珍しい贅沢な空間を実現しています。このロフトはのりすけさんの隠れ部屋になる予定です。

  • 拡大
天井裏スペースをロフトにリノベーション
天井裏スペースをロフトにリノベーション

ピンク色のクロスが印象的なシューズクロークの上部にロフトがあります。
ロフト内では、立つことは難しいですが、床に座って過ごすには十分な高さを確保しています。

  • 拡大
Before図面(ロフト)
Before図面(ロフト)

ロフトのBefore図面

元は浴室と押入でした。

  • 拡大
After図面(ロフト)
After図面(ロフト)

ロフトのAfter図面

浴室はシューズクロークに。押入はそのまま和室の押入れに変更。

  • 拡大
断面図
断面図

断面図

シューズクロークと押入れの高さを1800mmにし、ロフトに高さを確保。
和室とロフトの間には壁を設けず、棚板2枚だけを設置。ロフトからは廊下だけでなく、和室やリビングも見下ろすことが出来ます。

  • 拡大
天井裏を利用したロフトの床
天井裏を利用したロフトの床

「ロフトの高さを確保するために、床は構造用合板1枚で仕上げました」と、のりすけさん。

  • 拡大
屋根裏に作られたロフト
屋根裏に作られたロフト

この1枚で、シューズクロークの天井、ロフトの床、そして和室押入れの上枠、と3役をこなしています。

注目したいのは、押入の角部分。一部ロフトの床(押入の天板)が10センチほど奥に向かって削られていることに気づきます。

「和室から見たときは建具枠なので、枠感とミルフィーユ感(構造用合板の断面の積層)を強調するため、あえて床の一部を削って縦勝ちの納まりにしてもらいました」とのりすけさん。
細かい配慮がなされています。

  • 拡大
和室側から見たロフト
和室側から見たロフト

和室の床は一段高く、ロフトと和室の距離が近く感じます。
飾り棚に設置した間接照明の光は、梁に当たって和室にも。光のラインがきれいです。

  • 拡大
廊下から見たロフト
廊下から見たロフト

ロフトには、脚立で昇り降りする予定。
工夫してロフトをつくったわけは…?

「ここで本でも読みながら、お酒でも楽しもうかと思って」

天井裏に見つけた空間をうまく使ったロフト。横だけでなく、縦にも空間が広がると、ぐっと空間が豊かな感じに。リノベーションの際は、まずは一度天井裏を覗いてみる。これは鉄則かもしれません。

購入・施工先
分野:
リフォーム リノベーション
住所:
宝塚市逆瀬川1-14-6
»地図を見る
電話:
0797-72-3450
URL:
http://www.wills.co.jp/reform/
お問い合わせ

ロフトの記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け