アートの記事

武富さん

記事数 16 参考になった 39
ダイニング

BEAMSTのアート

全 1 話
18年4ヶ月使用中
ダイニングにあるアイテム
  • アート

全 1 話

last update : 2015.1.17 ハンドメイド

着られなくなったお気に入りのTシャツの活用法

うれしい

とても気に入っていたTシャツが着られなくなってしまいました。
でも、捨てたくはない・・・。

そこで、昔、古着屋で見た「Tシャツを額に入れて飾る」という方法で家に飾っています。

以前、BEAMSで購入した「ドラゴンクエスト×BEAMS T」コラボのTシャツです。
デザインはご存知、「くさった死体(通称:スミス)」をポップアートっぽくしたものです。

購入当時はとても気に入っており、また話のネタにもなるためよく着ていましたが、社会人になってからはなかなか着ることはなく、クロゼットに眠りかけていました。

ただ、デザイン的にはとても気にいっていたので、なんとか別の活用方法はないものか・・・と考えていました。

思いを巡らすうちに、昔アメリカ村の古着屋で見た「ヴィンテージのTシャツを額に入れて飾る」というディスプレイ方法を思いだし、実行してみました。

Tシャツのかたちのまま飾ると、額がかなり大きくなるため、飾る場所が限られるので、デザイン部分をカットして飾ることにしました。

額の大きさよりも大きめにハサミでカットし、アイロンをしっかりかけ、はみ出した部分を台紙にタッカーで留めています。

かれこれ8年ぐらい飾っていますが、特に不具合もなく、部屋のアクセントとして活躍中です。

いまはダイニングテーブルに飾っています。
ちょうど良いサイズなので、いろいろなところに飾れるのが良いです。

ちなみに玄関には、別のTシャツを飾っています。
以前、アメリカ村にあった"CHEESE"という古着屋のオリジナルTシャツです。
余談ですが、当時はスポーツブランドのロゴTシャツが流行っており、大学では皆どこかのスポーツブランドのロゴTをこぞって着ていた時期でした。(年齢がバレそうですが・・・)

このTシャツは見てのとおりナイキのパロディで、ボディはPrintstar。
そんな、ちょっとユーモアのあるデザインに惹かれて購入しましたが、さすがに着れなくなったので、思い出とともに額に入れて飾っています。

アイテムを使い始めた日 2006年 1月

Tシャツ ドラクエ BEAMSTのアート アートのハンドメイド

ブランド:
BEAMST
寸法:
幅430mm × 奥行20mm × 高さ530mm
重量:
施工・購入:
BEAMS  HEP FIVE店
2006年 1月 1日

アートの記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け