白山陶器

白山陶器は、陶磁器のブランド。会社は長崎県東彼杵郡波佐見町にあります。創業は1779年。森正洋デザインの醤油差しで、第一回のグッドデザイン賞を受賞。その後も国内外の様々な賞を獲得。「なにより使いやすいもの、生活の中になじむものである」という器作りの原点を持ち、使いやすくて、美しい製品を数多く生み出しています。またマルティブルー、ベーシック、ともえ、チャイルド、ペンギンなど様々シリーズがあり、10以上、生産を続けている定番の製品が多いことも特徴の一つです。

フォロー

  • フォロワー 0
  • 購入

    Shinyaさんの
    白山陶器の食器4年7ヶ月使用中

    普段使いはもちろん、ホームパーティでも活躍する食器

    【小さなおうちの物語② -食器のおはなし-】  ふだんの日常生活の中で、お気に入りの食器に囲まれて過ごすというのは一見簡単そうで、実はけっこう贅沢なことのような気がします。  まず、普段使いの食器にどこまでお金をかけられるかと...

    last update : 2015年 10月 23日
    2
    1
    1
    1254
  •