工具の記事

レイコさん

記事数 117 参考になった 207
ミツバチの巣箱

クランプ

全 1 話
7年4ヶ月使用中
ミツバチの巣箱にあるアイテム
  • インパクトドライバー
  • 杉板
  • クランプ
  • トーチ
  • 針金・金網

全 1 話

last update : 2016.6.18 DIY

巣箱作り③-クランプ-

普通

穴あけ作業を終えると、次は、クランプで板を固定してネジを締め、巣枠を組んでいく。
この時、乾燥による変形を抑えるため、木裏が外側になるように板を組み合わせていく。
こういった作業は、土間があると、雨の日や寒い日、暑い日でも快適に行うことができる。

※木裏
 木の中心に近い方の面。樹皮に近い方の面は「木表」。

クランプでの固定は、最初は戸惑ったが、やっていると少しずつ慣れてくる。

しっかり固定できれば、インパクトドライバーを用いてネジで締めていく。
下穴をあけた個所全て、つまり1つの巣枠につき四隅それぞれ3か所ずつ、合計12本のネジで固定することになる。

我が家で使用しているクランプは、F型クランプ(またはL型クランプとも言われる)で長さ50㎝のもの。
ホームセンターなどで一般的に売られているものを購入した。
使用方法は簡単で、うでの部分(左側)をスライドさせて大まかな位置を決め、固定するものを挟み込んで、
ハンドル部分を回すことで締め付け固定を行っていく。

クランプには他にもC型クランプという種類もあり、より強力に締め付ける必要がある場合に用いられる。
巣箱を作る際の固定程度なら、幅広く使用できるF型クランプで十分である。

アイテムを使い始めた日 2014年 2月

工具のDIY

品名:
F型クランプ
2014年 2月 1日

工具の記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け