ソファの記事

レイコさん

記事数 117 参考になった 208

森のことばのソファ

全 1 話
9年8ヶ月使用中
リビングにあるアイテム
  • ままごとキッチン
  • ソファ
  • 古建具
  • 玩具
  • シェード
  • デスク
  • リビングテーブル
  • ダイニングテーブル
  • 小物・雑貨
  • サンダー
  • ままごとキッチン
  • 丸のこ

全 1 話

last update : 2015.9.1 購入

森のことばのソファー

うれしい

我が家のソファは飛騨産業の「森のことば」シリーズのもの。
家を建てる前から持っているもので、もう7年以上使っている。
気の質感を活かした素朴で温かな佇まいに一目惚れ。
この「森のことば」シリーズのコンセプトがまたいい!
以下、HPより抜粋。

"樹木はまるで小さな宇宙です。
幹ひとつにも柾目・節・赤太・白太とあり、驚くほど表情豊かです。
けれど無節の柾目と画一化にこだわるあまり、
せっかくの個性を色で塗りこめ、
自然の造形美を無視してきた点は否めません。
一本の丸太から家具として使用されるのは10%から15%。
見誤った美意識と合理主義のため、
森の恵みを活かし切れずにきてしまったのです。
素晴らしい樹木の個性を楽しみつつ、
資源の活用を図れるなら、こんな良いことはありません。
2001年、当社は高度な匠の技を基に、
「節」を主役とした家具づくりに挑みました。
予想を超す魅力的なフォルムになりました。
ぜひとも樹木の妙を傍らに、潤いのある暮らしをお楽しみください。 "

「木」にこだわった我が家では、ヒノキをはじめ、スギ、トチ、カバ、カツラ、サクラ、クスノキ、ブビンガ、それに屋久杉など様々な種類の木が使われている。
触れてみるとそれぞれ手触りが全く違う。
針葉樹のような比重の軽い材木は柔らかく温かい感じ。
反対に広葉樹はみっちりと硬い。
木について詳しい知識があるわけではないが、そういうちょっとした違いが何とも愛おしい。

  • 拡大
http://ienakanote.com/data/pho
http://ienakanote.com/data/pho

高さが低いおかげで、圧迫感がなくスッキリ。リビングが広く見える。
座面のカバーも簡単に取り外して洗うことができ、お手入れが簡単なのも気に入っている点。

座面をめくると下はスノコ状になっていて、通気性も良い。
ちなみにこの肘置き(っていうのかなコレ)部分にちょっとした飲み物や食べ物を置けるので、ダラダラには最適。

この製品の特徴とも言える、節。
「同じものは二つとない」というのはよくある陳腐なキャッチコピーだけど、
ちょっとした木目や節の違いによって、まるで表情が違って見える。
子どもが大きくなったとき「うちのソファーにはここにこんな節があったな」と
懐かしく思い出してくれる日が来るのかなと妄想すると、こういった節の一つひとつが本当に味わい深く、愛おしく思える。

そしてこれは、最近怪獣化が目覚ましい10ヶ月になる長男が齧った跡…。
見つけた時は正直かなりショックだったけどこれも味…なのかな…。

アイテムを使い始めた日 2010年 6月

森のことばのソファ ソファの購入

ブランド:
森のことば
品名:
SN105SO
寸法:
幅1940mm × 奥行840mm × 高さ675mm
関連サイト:
http://www.kitutuki.co.jp/cgi-bin/proper/htmlview.cgi?&id=SN105SO&series=morinokotoba

kapperso さん

2015.6.21

素材感、佇まい。物が置ける。座面が洗える。どれもとてもいいです。家にも合ってる。

レイコ さん

2015.6.21

ありがとうございます。家にしっくり馴染んでくれているのは本当に嬉しいです。経年劣化ではなく経年変化と呼べるよう、大事にしていきたいと思います。

2010年 6月 1日

森のことば

森のことば

フォロー

  • フォロワー 0

ソファの記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け