この記事の続き1/2

アウトドアライトの記事

kanayon.mさん

記事数 177 参考になった 582

ブラックダイヤモンドのランタン

全 2 話
5年3ヶ月使用中
ダイニングにあるアイテム
  • その他
  • ペンダントライト
  • ダイニングテーブル
  • オーディオ機器
  • 椅子
  • アート
  • ランタン
  • 椅子
  • 座布団

第 1 話

last update : 2018.5.8 購入
第 1 話

アウトドア用ランタン『ブラックダイヤモンドのアポロ』を、コードレスのライトとして使う

普通

キッチンカウンターで作業をする際、手元に明るさが足りず、ここに照明が欲しいと思っていました。
スタンドライトやクリップ型の照明なども検討しましたが、コンセントからカウンターの明りが欲しい位置までには距離があります。コードがじゃまになり、見た目も悪くなりそうです。MUJIのコードレスライト(持ち運びできるあかり)などもありますが、もう少しサイズが小さい方が場所をとらなくていいかなと。

そこでアウトドア用の電池式ランタン「ブラックダイヤモンドのアポロ」を購入しました。その名の通り、月ロケット、アポロの月着陸船の様なデザイン。カウンター以外のいろんな場所で使えるので、便利です。
室内で使うコードレスライトとしてのほかにも災害時の非常用ライトとしても使えるので利点が多いです。

  • 拡大
パナソニックのランタン
パナソニックのランタン

先日、アウトドアの道具の整理をしてた時に、このパナソニックのランタン(キャンプの時だけ20年以上使っている代物)が出てきて、『あっそうか、電池式のランタンを使うとコードレスだし、場所も取らなくて、いいかも』と思いつき、試しにキッチンのカウンターに置いて数日使用してみました。
結果として、明るさは、良い感じだし、明りが欲しい位置にどこでも置けて便利でした。
このままこのランタンを使用する手もあったのですが、電球がLEDじゃないので毎日使用するには、効率が悪いのと(単1電池が4つ必要)少し大きくて場所を取るので、これはアウトドア用や非常用に使用することにして、家の中用は、別のランタンを購入することにしました。

アウトドア用のランタンには、電池式の他、ガスカートリッジ、ホワイトガソリン、灯油式のものがありますが、室内での使用を考えると、電池式しか選択肢はないなぁと考えました。
メーカーはコールマンやプリムス、スノーピークなどが有名ですが、最近は、災害などで商品が豊富になっています。
プリムスの伝統的なガスカートリッジ式のランタンを模した電気式のものを欲しかったのですが、今は廃盤で手に入らず…。

  • 拡大
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) アポロ
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) アポロ

そこでブラックダイヤモンドのアポロ、ボイジャー、モジあたりに的を絞り、神戸のアウトドアショップ『IBS 石井スポーツダイエー神戸三宮駅前店』に実物を見に行きました。(メジャーなブランドですが、店頭に置いているショップはとても少ないです。)

迷いながらも、最大200ルーメンの一番明るい、アポロを選びました。昔からある定番の商品なので、改良が重ねられていて、2015年式は明るさが80ルーメンにアップ、2016年式はさらに200ルーメンに大幅アップし、色が暖色系に変わっています。

  • 拡大
テーブルに置いたブラックダイヤモンド アポロ
テーブルに置いたブラックダイヤモンド アポロ

購入したブラックダイヤモンドの2016年式のアポロ。
わたしの部屋は床やテーブルが杉の古材、足場板で、少し山小屋風。アウトドア用の製品と相性が良いです。

  • 拡大
カウンターに置いたブラックダイヤモンド アポロ
カウンターに置いたブラックダイヤモンド アポロ

さっそくカウンターに置いてみます。
明るさは、ボタンを長押しすると、10ルーメンから200ルーメンまで変わっていきます。
最大の200ルーメンにすると、眩しいぐらいで目を閉じてしまします。部屋の照明をすべて消しても作業出来ます。

必要な場所に合わせて、どんどん移動できるのが、本当に快適。アウトドア用だけあって軽量。もちろん防水仕様(簡易)です。

  • 拡大
少し縮めたブラックダイヤモンド アポロ
少し縮めたブラックダイヤモンド アポロ

高さも変えることが出来ます。この写真は、一番最初の写真から少し縮めた状態。

  • 拡大
ブラックダイヤモンド アポロ
ブラックダイヤモンド アポロ

さらに、足を折りたたんだ状態。本体の底にもゴムが付いていて、この状態でも安定しています。

  • 拡大
ブラックダイヤモンド アポロの上部フック
ブラックダイヤモンド アポロの上部フック

また本体上部のフックが画期的です。半円状のフックが、重なることで輪になります。
これであれば、紐やフックに簡単に付けられます。(多くのランタンはただ輪が付いているだけなので、取り付けるのに紐やクライミング用カラビナなどが必要でした。)

本を読むときにも便利です。机の上やソファの横に置いて、必要な場所に必要な量の明りを落とせます。
他の小型ランタンと違い、比較的高い位置から本を照らしてくれます。(もちろんテントの中で、寝転んで本を読むにも良さそうです。)

電池は単三電池が4本。使用出来る時間は、最小の10ルーメンだと約90時間、最大の200ルーメンだと約13時間です。
少し短い気もするのですが、電池はエネループにしたので、それほどストレスにはならないと思います。
(また別売りのバッテリーキットを使用することも出来ます。これだと電池の交換作業が不要で、コンセントに繋いでチャージするだけでまた使えます。)

食事に時に、最小の10ルーメンにして、横に置いてみるとキャンドルのような雰囲気です。

アイテムの評価 ★★★★★

アイテムを使い始めた日 2016年 9月

第11回コンテスト ブラックダイヤモンドのアウトドアライト アウトドアライトの購入

ブランド:
ブラックダイヤモンド
品名:
アポロ → アマゾンで購入する
カラー:
マットブラック
寸法:
幅75mm × 奥行75mm × 高さ240mm
重量:
316kg
生産国:
中国
施工・購入:
IBS 石井スポーツダイエー神戸三宮駅前店
価格:
6300円
2016年 9月 1日

アウトドアライトの記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け