この記事の続き1/4

掃除機の記事

すいすいさん

記事数 82 参考になった 124
リビング

ダイソンの掃除機

全 4 話
8年5ヶ月使用中
リビングにあるアイテム
  • 掃除機
  • 観葉植物
  • スツール
  • 壁材
  • ソテツ
  • パキラ
  • ウスネオイデス
  • 小物・雑貨
  • ビカクシダ(ビフルカツム)
  • 時計
  • 小物・雑貨
  • その他
  • カンガルーポケット
  • ビカクシダ(スパーバム)
  • リプサリス
  • ハートカズラ
  • ハリシー
  • リビングテーブル
  • カーテン
  • 小物・雑貨
  • アート
  • 小物・雑貨
  • 小物・雑貨
  • スツール
  • 小物・雑貨

第 1 話

last update : 2014.7.14 レビュー
第 1 話

もうキャニスタータイプには戻れない!

うれしい

1年ほど前に、ダイソンのスティックタイプの掃除機を購入しました。

以前はエレクトロラックスのエルゴラピードを使用していました。
ただ長期使用(おそらく3年程度)により吸い込みが悪くなり、なおかつヘッドの部分に髪の毛が絡まったりと、何かと不便になってきたので、買い替えを決意。

その後、購入したのはキャニスタータイプのいわゆるコード付き掃除機。

でも、もう無理でした。

スティックタイプでささっと掃除するのに慣れている(ものぐさな)私は、掃除機を出して、コードを伸ばして、コンセントに差して…というこの動作が既に面倒だと感じてしまい、とんと掃除をしなくなりました。


その後、ルンバを購入。

自動に掃除してくれるって素晴らしい!しかもしっかり綺麗になる!と大盛り上がりしたのですが、うちのラグと相性が悪く、結構な頻度で引っかかってしまいホームに戻れぬ日々…。

あと、「こぼした!すぐ掃除!」というのには向かないんですよね。当たり前ですが。。。


そこで、ようやく冒頭のダイソン購入に踏み切ったというわけです。

使い心地はとても良い!

購入前にAmazonのレビューで、「トリガー部分が硬い、女性が片手では無理、指の皮がむけた…」などの口コミを見ましたが、全く気になりません。ずいぶんと改良されているのだと思います。
ごみ捨てのときにうっかりトリガーを引いてしまい、自分がびっくりする、という経験を何度もしているくらいです。

重さは約2kg。重くないと言ったら嘘になりますが、床を掃除する分には全然疲れません。


お手入れは、ゴミ捨てと月1回フィルターを水洗いすること。

一応、ちゃんと月1回フィルターを水洗いしていますが、特に汚れている様子が無いのですが…。目に見えない汚れがついているのかな?

これのお陰で、ささっと掃除ができるようになりました!


気になるところは、やや音がうるさい。深夜にかけるのはちょっと迷惑かな、と。

カーボンファイバーブラシ採用で、静電気を寄せ付けないのは嬉しいが、それはブラシ部分のみ。本体部分には静電気でホコリが付きます。

しかし、それを補ってなお余りある吸引力!
そして、カーボンファイバーブラシの効果か、髪の毛がほとんど絡みません。(私の髪の毛が短いからかもしれませんが…。)

ただ、小さいものはよく吸ってくれますが、米粒(未炊飯のもの)は通常モードでは吸ってくれなかったりします。(まぁ拾えという話なのですが。)


もう、キャニスタータイプの掃除機には戻れません…。

分解されている方がいらっしゃったので、真似してやってみました。

ダイソンのロゴ!丸みを帯びていて可愛らしい!

2ティアーラジアルサイクロン!小さな15個のサイクロンが、ダイソン史上もっともパワフルなコードレスクリーナーを実現しているのですね。

カーボンファイバーブラシが大活躍!髪の毛が絡まず、ホコリをしっかり取ってくれます。

もうひとつのお気に入りポイントはこのゆらりとしたプラスティックの模様。
製造過程で出るものだと思うのですが、なんともいえない美しさ。
うっとり眺めることもしばしば。

アイテムを使い始めた日 2013年 7月

スティックタイプ ダイソンの掃除機 掃除機のレビュー

ブランド:
ダイソン
品名:
デジタルスリムDC62
施工・購入:
Amazon
2013年 7月 1日

ダイソン(Dyson)

掃除機の記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け